設立のごあいさつ

設立のごあいさつ
 NPO法人あではで神奈川は、注意欠陥多動性障害(以下、ADHD)を 問題として抱える人たちがお互いに助け支えあうため、またADHDに対する社会の正しい理解を進めていくために、 2000年に初めて集まったグループを、NPOに発展させたものです。        

 ADHDを障害として対応するのではなく、 豊かな個性の一つとして長所を伸ばし、弱点を克服し、その人らしい人生を生きることができるように支援することを目指しています。 


 ここ数年、医療・学校教育現場だけでなく、テレビドラマなどでも多くの場面で注目を浴びるようになってきましたが、 社会、学校などにおける誤解もまだまだ多く、十分な理解や支援が得られているとは言えません。 


 今後ADHDを持つ人々そして共に悩む家族とともに話し合い、考え、専門家、教師の方々との連携を強化し、 新たな活動に積極的に取組んでいくためにも、特定非営利活動法人あではで神奈川として、 新たなスタートをすることといたしました。 


 横浜市を中心とした神奈川県全域を活動の拠点とし、 ADHDをもつ当事者とその関係者の支援のみならず、社会が広く受け入れ、 理解し合える環境を作っていくことが社会全体を豊かにしていくことになると信じて、 それに向かって努力をしていきたいと思います。 


 皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
平成 16年 10月 設立者 前代表  篠山 淳子